【犬用コングペースト】歯磨きの練習にも!ご飯の食いつきもよくなる!

【犬用コングペースト】歯磨きの練習にも!ご飯の食いつきもよくなる!

愛犬の歯磨きをなかなか思うようにさせてくれなかったり、出来ていたのに急にできなくなってしまったり大変なことが多いですよね。
ウチのししまるは歯磨きおとなしくさせてくれる子だったのですが、最近反抗期なのか歯ブラシを口に入れてくれなくなりました。

ですがたった一つのグッズを使うだけでいつも通り歯ブラシをしてくれるようになったので、そのグッズと歯磨き苦手を克服した紹介します。
食欲が旺盛な子には有効なはずです。

コングペーストとは

コングとは犬の自然なしつけや知育に役立つ、天然ゴム100%の丈夫でユニークな玩具です。不規則な転がりやバウンド、かみ心地のよいユニークな形状。内側が空洞になっており、コング独自の凹凸に専用ペーストやフードを入れることで、犬が中身を取り出そうと夢中になります。

このコングの中に入れて、犬に舐め取らせる遊びをするためのペーストがコングペーストというものです。

このコングペーストを利用します。ただ海外産ですし、アレルギーや食べっぷりなどを判断してから使用するように気をつけてください。

歯磨きの手順

1. コングペーストを使って歯ブラシを美味しいものだと思わせる。

最初は歯磨きをしません。(ここ重要)歯ブラシの上に軽くコングペーストを載せて舐めさせます。それでペーストが美味しいものだとわかると歯ブラシを噛み付いてくるので、思いっきり噛ませないように軽く手を動かして歯を擦るようにします。
この段階で満足すると次のステップへ行けないのですぐ終わらせましょう。10秒程度でよいでしょう。

2. ブラシの奥に歯磨きペーストを隠し塗り、その上にコングペーストを塗る

先程のコングペーストが見えないように通常の歯磨きペースト(下記のようなもの)を塗り込みます。あまり味や匂いの強いものだと警戒されたり好みで口にいれなかったりするので、ミルク味のような犬の好きな味をおすすめします。

そして、その上からコングペーストを塗ります。その時、軽く舐め取ればすぐになくなってしまう程度の量を重ねましょう。
歯の隙間にコングペーストを塗りつけては本末転倒ですよね。最初の舐め取りで取れてしまうくらいな量でいいのです。

3. 1と同様に軽くなめさせてから口に突っ込む。歯を磨く。

コングペーストを舐めさせて、また美味しいものを食べられる!と思わせてから、実は歯磨きペーストを塗っている歯ブラシを歯にこすりつけてやりましょう。 奥歯で噛もうとしてくるのでその時は奥歯周りを磨くチャンスです。

あまり長時間磨いていると食べることよりも口に物を突っ込まれている嫌な感じが続き、歯磨きが嫌いになってしまうのでこの工程は早く終わらせましょう。1分も磨ければ十分でしょう。

犬の歯垢、歯石は人間よりも沈着が早い

犬の歯垢は、食べ物を食べて6~8時間もすると、菌が付着・増殖して歯周病の原因となる歯垢になります。この歯垢はブラッシングで取り除くことが可能です。

犬の歯石は、歯垢が3~5日すると、歯石になってしまい固くなってしまいます。この歯石は硬くてブラッシングは取り除くことができません。

ということは、歯石になる前に歯垢を取り除いてあげないといけないですね。2,3日くらい歯磨きはいいやの気持ちでいると、気づいたらもう歯周病になっているなんてことも・・・。

コングペーストの別の使い道

このコングペーストはコング以外にも使えます。たとえば
・ご飯の上にかけて食いつきを良くする。
・薬を隠して一緒に食わせる。
・夏の水分補給食事(ちゅーるのようなイメージ)

他にもしつけとして、良い使い道があるかもしれませんね。

まとめ

犬の歯磨きは思うようにいかなくて大変かもしれませんが、愛犬を病気にさせないことは飼い主の義務です。
愛犬と一緒に歯磨きが楽しいものになるような工夫をしき、楽しい時間になれればいいですね。

はみがき美味しい!(違う)

↓ぽちっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ペットとの生活の知恵カテゴリの最新記事