犬が日向ぼっこが好きな理由は?効果は?

犬が日向ぼっこが好きな理由は?効果は?

今回は犬が日向ぼっこが好きな理由についてまとめています。
ウチのししまるも日向ぼっこが大好きなようでいつも窓際の日の当たるところで日向ぼっこをして気持ちよさそうに寝ています。

ちょうど逆光なので後光が差しているようですね。

犬が日向ぼっこが好きな理由

日に当たりに行っている訳ではなく、温かいところでのんびりしにきているようです。
確かに日当たりのいい場所は床も温まっているので、寒がりな犬にとってはその場所にいるだけでも心地いいのでしょう。

ただ、日向ぼっこをしていると本人は意識してはいないでしょうが様々な恩恵が得られます。

 

日向ぼっこをすることのメリット

体内時計の改善

人間と同様、日の光を浴びることで体内時計がリセットされてます。不規則な生活リズムも日の光を浴びて朝になったことを体で理解して体内時計を整える働きがあります。

 

ビタミンDの生成

これも人間と同様、カルシウムを吸収させるためにはビタミンDが必要です。ビタミンDを生成するためには日光に浴びなければ生成されないので、日光を浴びることはカルシウムを吸収させることにもつながるのです。ビタミンD自体は骨の形成を促進させることと、免疫力を向上させる働きを持っています。

 

幸せホルモンが分泌され、精神状態が安定する。

目が光を感じると脳内のセロトニンというホルモンの分泌が活発になり、体内時計の改善や、精神的に落ち着くなどの効果が得られます。このホルモンが分泌されると睡眠の質も向上します。逆に不足してしまうと精神状態が悪くなったり、睡眠が浅くなったりします。

 

紫外線の殺菌効果による皮膚病の予防

紫外線には殺菌効果があるため、細菌やカビを殺菌することができます。皮膚病の予防にもなります。しかし、これも人間と同様で過度に紫外線を浴びすぎてしまうと皮膚を痛めてしまう可能性があります。
ただ、犬であっても熱くなったり十分満足したら自分から日の当たらない場所に移動するので、紫外線を浴びすぎてしまうことの心配はあまり必要ありません。真夏の直射日光などはすぐに熱くなってしまうので、日が当たりすぎないように工夫をしたり、遮蔽カーテンをつけたりしてあげましょう。

 

気分転換になる

完全室内飼いであれば、いつもと違う暖かさ、心地よさを味わっていい気分転換になります。いつも窓際にいるからといって邪魔扱いしないようにしてあげましょう。

 

まとめ

犬にとって日向ぼっこはほぼ必須と考えたほうがいいでしょう。散歩の時間を多くとれないお家であれば日中はカーテンを開けてあげるなどして日向ぼっこをさせてあげてください。

 

日照時間が多い家ではありませんが、ししまるは日が沈むギリギリまで楽しんでいます。

↓よかったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ペットとの生活の知恵カテゴリの最新記事