【過敏性腸症候群】下痢・便秘に効く整腸剤おすすめの市販薬3選!

【過敏性腸症候群】下痢・便秘に効く整腸剤おすすめの市販薬3選!

日本人は胃腸が弱いと言われていますね。
もともと稲(お米)を主食としてきたことで胃腸が長く繊維質を分解にすることに適した華奢な形をしているからなんだそうです。

そんなことを言っても現代人はストレスや、不規則な食事などで胃腸を壊してしまう人が多いのではないでしょうか。
私もその一人であり、胃腸科からは過敏性腸症候群(IBS)だと診断されています。
どんな病気かと簡単に言うと、便秘や下痢を繰り返しやすく胃腸が弱い体質な人ののことを指します。原因は今でも不明で対処療法しかないのが苦しいところですね。

そんなお腹を壊しやすい私が、今まで試した下痢・便秘に効く市販の整腸剤を経験に基づいて紹介していきます。
同じように過敏性腸症候群の人や、お腹を壊しやすいという人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

整腸剤の市販薬の効果はあるのか


個人的な意見ですが、全く効かないものもありました。
(全く効かなかった商品はここでは紹介していません。)

やはり胃腸科からもらった薬の方が効くのは確実ですが、毎月医者に通うのは大変ですしお金もかかります。
でも、市販薬の中で自分の体質に合うものが見つかってしまえば、医者に通う必要はなくなります。お金も手間もずっと減りますよ。

医者からもらう薬の中には整腸剤だけではなく、胃腸の動きを無理やり抑えるような薬もあるので、常用するのは医者からもNGだと聞いています。

できれば市販薬でなんとかしたいですね。市販薬の場合は、即効性はありませんが、普段から気をつけないといけない行動と組み合わせることで下痢・便秘を防ぐことができるようになります。そうすることで、結果的に整腸剤を飲まなくてもお腹が壊れにくい体質に改善できるようになります。

物語頃ついた頃からお腹が弱かった私でも、なんとか少しずつ改善することができたので、誰でもできるはずです。
それでは、実際に私が試してきた中でおすすめの整腸剤を紹介していきます!

おすすめの整腸剤1. ザ・ガードコーワ


1日あたりのコスト(1回3錠):43円

胃腸を整える成分

9錠中
成分 分量・・・作用

納豆菌末 10mg・・・腸内の善玉菌であるビフィズス菌の増殖を助け、整腸作用を示します。
ラクトミン(乳酸菌) 30mg・・・腸内で乳酸を作り、悪玉菌の増殖を抑え、整腸作用を示します。
ビフィズス菌 30mg・・・腸内で酢酸と乳酸を作り、悪玉菌の増殖を抑え、整腸作用を示します。
ジメチルポリシロキサン 84.6mg・・・胃腸管内のガスを除去し、胃部・腹部の膨満感などの症状を改善します。
センブリ末 30mg・・・弱った胃の働きを高めます。
ケイヒ末 30mg・・・弱った胃の働きを高めます。
ウイキョウ末 30mg・・・弱った胃の働きを高めます。
メチルメチオニンスルホニウムクロリド 30mg・・・荒れた胃粘膜を保護・修復します。
沈降炭酸カルシウム 300mg・・・胃酸を中和して、胃酸に弱い乳酸菌・ビフィズス菌をまもります。
水酸化マグネシウム 300mg・・・胃酸を中和して、胃酸に弱い乳酸菌・ビフィズス菌をまもります。
パントテン酸カルシウム 22.5mg・・・善玉菌の増殖を促します。
引用:Amazon

一般的な薬は小腸だけにしか整腸効果がないらしいですが、この薬は大腸にも整腸効果もあるそうです!

使ってみた感想

騙されたと思って飲んでみてください。下痢も便秘もほぼしません。
今までいろいろな薬を試してきましたが、これが一番効きました。
なんとなくお腹がぐるぐるするというときも、大事なことが控えていて緊張しているというときも、お腹が張って気持ち悪いというときも、これを食後飲んでおくだけで、不思議とお腹の不調がなくなります。

しかし、下痢止めではないのでトイレにすぐにでも行きたいような状態だと効きません。あくまで整腸剤です。
食後に飲んで下痢・便秘の予防であって、起きてしまったことはどうにもなりません。

それと1回3錠飲まないといけないので飲みづらいということと、コストがかかるというデメリットがあります。
コストに関しては一番大きい550粒入りを買えば、約2ヶ月は持ちますね。

私は今ではこの薬のみを使用していますが毎回飲んでいるわけではなく、お腹の調子が悪いときや、仕事で大変な事がある日くらいしか飲みません。この薬のおかげで過敏性腸症候群が少し改善されました。

薬局で買うと4000円くらいするのですが、Amazonで買うと1000円以上安いです。
3000円くらいで2ヶ月分も購入できるので胃腸科に診察してもらうのよりかは安く済みますよ。
そもそも胃腸科に行っても整腸剤をもらう以外の措置をされたことがないのであまり変わらないと思ってます・・・

おすすめの整腸剤2. 新ビオフェルミンSプラス


1日あたりのコスト(1回3錠):64.4円

胃腸を整える成分

9錠中
成分 分量・・・作用

ラクトミン(乳酸菌) 36mg・・・腸内で乳酸を作り、悪玉菌の増殖を抑え、整腸作用を示します。
ビフィズス菌 18mg・・・腸内で酢酸と乳酸を作り、悪玉菌の増殖を抑え、整腸作用を示します。
引用:Amazon

使ってみた感想

効果はそこそこです。

全く効かないわけではありませんが、多少不快感がとれるかなぁくらいです。
下痢にはあまり効果はありませんでしたが、便秘や膨張感を感じるときには効果はありました。

私は、ザ・ガードコーワの方が効き目はありましたね。
通販ではなく、薬局の店頭で購入する場合有名なビオフェルミンの方が安売りしているのを何度か見かけたことがあります。

軽い便秘や膨張感が続くという人にはいいかもしれませんね。過敏性腸症候群の人も症状はそれぞれだと思います。
私は下痢が中心なので、たまにくる膨張感や不快感にはこっちかなーという印象で使い分けてます。

おすすめの整腸剤3. [Amazon限定ブランド] 整腸薬


1日あたりのコスト(1回3錠):25.46円

胃腸を整える成分

9錠中
成分 分量・・・作用

ラクトミン(乳酸菌) 48mg・・・腸内で乳酸を作り、悪玉菌の増殖を抑え、整腸作用を示します。
ビフィズス菌 24mg・・・腸内で酢酸と乳酸を作り、悪玉菌の増殖を抑え、整腸作用を示します。
引用:Amazon

使ってみた感想

ビオフェルミンとほぼ同じです。
成分からもわかるように、ほぼ同じものが入っています。

下痢にはあまり効かず、軽い下痢や膨張感に効くという感じです。
これもビオフェルミンと同様にたまにくる膨張感や不快感のときに使い、基本はザ・ガードコーワを使っています。

ただ、圧倒的にコストが安いというメリットがあります。
若干ビオフェルミンよりも粒が大きく感じましたが、成人男性であれば全く気にせず飲めるサイズです。

価格の安さを最重要視する場合はこのAmazon限定商品はおすすめですね。

お腹を壊さないために気をつけること

一般的にも言われているかもしれませんが、下痢も便秘もする私が個人的に効果があったものをまとめます。

寝起きすぐに朝食を取らないこと

目安としては寝起き20分以内に朝食をとるとお腹を壊します。

イベントや仕事で緊張している時は食事を控えめにすること

どうしてもストレスを感じやすいときは、胃腸が過敏に動いてしまうので食事を控えめにしておくことがいいです。

水分を飲みすぎない、こまめに補給する

水分を取りすぎたら下痢になります。
かといって、取らなすぎると便秘になります。嫌な体質ですね本当に。
でも意識するようなことでもないので、机の上に飲み物を置いておけばなんとかなります。

その他

その他は一般的にもよく言われていることです。
・辛いもの、冷たいものなど刺激物は控えめにする。
・お風呂に入り血行をよくする。
・適切な食事、睡眠をとる。
・ストレスを溜めないようにする。

お腹に限らず健康に良いことはだいたいお腹にもいいということですね。

まとめ


過敏性腸症候群やお腹の弱い体質は、特効薬のようなものはありません。
日々の注意と、たまに市販薬を飲むだけでなんとかなります。

物心ついた頃からお腹が弱かった私が、少しずつでも改善できているのでどんな人でもきっと改善できます。
手元にめちゃくちゃ効く整腸薬を持っているというだけで、安心感が違いますよ。

過敏性腸症候群は体質なので完全になくなることは無いと胃腸科の先生からも言われました。
だからこそ、上手に付き合っていくための市販薬、生活改善で少しでも症状を出さないことを意識するしかないようです。

市販薬なんて効かない。下痢止めや便秘解消薬があるからいいよ。なんて人もコレを機に整腸剤を頼りに、少しずつ体質改善のために試してみてはいかがでしょうか。

↓ぽちっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

通販グッズカテゴリの最新記事