e-winのゲーミングチェアCW-BK1の徹底レビュー!実際に買ってみた感想!意外な盲点!

e-winのゲーミングチェアCW-BK1の徹底レビュー!実際に買ってみた感想!意外な盲点!

e-winのゲーミングチェアCW-BK1を最近買ってみました!在宅勤務が続き座ってる時間が長くなっていたので、前々からゲーミングチェアを買おうとしていたところ、いろいろ気になるところがあったためこの商品を選んでみました。

そこで、今回はe-winのゲーミングチェアCW-BK1の徹底レビューをします!良いところも悪いところも全部話しちゃいます!

この記事を読むことで次のことが理解できます。

・e-winとは
・e-winのゲーミングチェアCW-BK1のメリット
・e-winのゲーミングチェアCW-BK1のデメリット

e-winとは

中国のゲーミングチェアメーカーです。 公式はこちらから
ゲーミングチェアの有名どころといえば、AKRacingやDXRACERと言われており、e-winの知名度はあまりありませんが安くて品質がいいとの噂です。

Amazonと楽天でも多数ラインナップを揃えており、かなりの商品が軒並み高評価を得ている状況です。
現時点(2021年7月)の国内実店舗で試座することができず、通信販売限定のブランドとなっています。

e-winのゲーミングチェアCW-BK1はどんなイス?

私が購入した商品はこちらになります。

今回探していた条件としては
・ゲーミングチェアであること
・前傾か90度以上の前のめりで固定できること(85度とかいけるということ)
・ランバーサポート(腰当て)、ヘッドレスト(首当て)のサポートが付いていること
・見た目がかっこいいこと
・小柄な私でもちょうどいいこと(165センチ60キロくらい)
 -座面が高すぎずに足が全面着くこと
 -座面が大きすぎずにちゃんと背中がぴったりくっついて座れること
・肘掛けが付いていること
・汗かきな私でも大丈夫な素材や工夫がされていること

最後まで比較対象として悩んでいたのは、DXRACERの「DXZ-BLN」でした。こちらは通販はあまり売っておらず実店舗で購入を悩んでおりました。(そのためリンクもないです)

実際に組み立てた感じがこちらです。ヘッドレストが2種類ついておりふかふかの小さめタイプ↓

私は断然こちら派です。

硬めで大きめのヘッドレスト↓ の2種類がついていました。

こちらのタイプのヘッドレストは硬すぎるし大きいし分厚いしで首が全然楽じゃないので一回も使ってません。たぶんそのうち捨てます。

横からみたらこんな感じで、かなりクッションは厚めですね。

座面の大きさはこんな感じ。寸法的にはかなり大きく感じるものの、しっかりとして大きいランバーサポートがついていると、左右も反り返があるので見た目ほど大きくは感じません。

わかりやすくB5キャンパスノートを置いてみましたが、座面奥に3分の1くらい隠れますよね。この隠れてしまう部分はランバーサポートの奥になるので、通常座らないエリアです。ノートが見えている部分が実質の座れる広さと考えてくれればいいでしょう。

さぁ、ハッキリと良いところ悪いところをレビューします!

e-winのゲーミングチェアCW-BK1の感想

e-winのゲーミングチェアCW-BK1のメリット

個人的に評価ポイントの高い順に並べています。

①全身を包み込むようなクッション性能の良さ

ゲーミングチェアたるものクッション性を求めていたのでこの観点では文句ありません。座る部分も背中もサポートも満足です。
 

②小柄、低身長でも丁度いいサイズ感

小柄な私(165/60)は今まで使っていたチェアで、「座面が高くて足が全面着かない」「座面が広すぎて奥まで座ると膝の裏が座面に当たって気持ち悪い」なんてことがよくありました。それでも女性用チェアはピンクとかホワイトしか売ってないし・・・

通販で購入するにあたり、手持ちのチェアとサイズ感をよーく比べたり、このe-win CW-BK1と同等サイズのゲーミングチェアを試し座りしに実店舗に行ったりと、かなり念入りに下調べしてから購入したかいがありました。
おそらく身長155センチ~175センチくらいまでの人は十分快適に座れると思います。逆に180センチを超える人や、体重が100キロを超えるような人になってしまうと小さく感じてしまうかもしれません。

③85度まで背面を前傾できる(直角から5度前のめり)

仕事をするときは割と前のめりの姿勢になる癖があるんですが、このe-win CW-BK1は85度で固定することができます。
ほとんどのイスは90度までしか固定できないものが多いので、前傾姿勢になれるこの機能はあって助かりました。
前のめりすぎるとか、首が痛くなるとかいうこともなく、仕事中は常に85度でちょうどいい感じになっています。

これとは別にイス全体を前傾できる機能があるんですが、6度の前傾で固定なのでかなり急に感じてしまい結局1度も使っていません。6度といえど座面含めて前傾になると膝に重心がかかり10分が限度です。決してリラックスとか集中できる環境ではありません。感覚ですが3度くらいの前傾がちょうど良いと思いました。

このイス全体を前傾できる機能自体は10万円以上するものじゃないと普通はついていない機能ですので、たったの2,3万でこの機能がついていることが買う前の大きなポイントでした。しかし、実際使ってみるとこのイス全体の前傾機能よりも背面を前傾にできる機能だけで十分でしたね。

④見た目がかっこいい

PUレザーといえど見た目はレザーチェアです。シンプルでゲーミングチェアっぽすぎずほどよい高級感がでていると思っています。
でかいので存在感も大きいので、女性や子供の部屋だと目立ってしまうかもしれませんね。

サイズも割と大きめだし、重量も18キロもあるので組み立てるときは使用する予定の部屋で組み立てましょうね。
玄関で組み立てて階段を上がる部屋に持っていくとが重労働過ぎて辛いと思います。

組み立ては購入したときに、説明書に組み立て動画のQRコードが付いてくるので、それを見ながらやれば私一人で20分くらいで終わりました。女性一人でも30分あれば組み立てられると思います。

⑤安定して背面を後傾できるから休憩するのが楽

背面を後ろにも倒せるので、仕事の合間に後傾して休憩したり、のんびり本を読む時などにリクライニングチェアみたいに使えます。
まぁそんなに使いませんし、私はなくても良い機能でしたけどあるに越したことはないかなぁ程度です。

e-winのゲーミングチェアCW-BK1のデリット

①ギシギシうるさい

YouTubeに限定公開で上げたこの動画をご覧ください。使用1ヶ月でこれです。

関節部分でしょうか、かなーりギシギシギシギシうるさいです!
楽天やAmazonの低評価レビューを見ると、同じようにギシギシうるさいという評価が複数見られるので不良品ではなくて仕様なんでしょうね。

ぶっちゃけひどくないですか

普通にうるさいです。座り直すたびに鳴ります。重心が移動するたびに鳴ります。高評価付けている人たちは使って数日程度でレビューしたんでしょうね・・・

②角度をロックしても3度くらいカクカク動いてしまう

↑の動画中盤をご覧になればわかるかもしれませんが、ロックング機能をオフにして角度固定にしても3度くらいカクカク動きます。遊びがある状態という感じですね。
ですがこれが曲者で、背面により掛かると後ろに3度傾く→背筋を伸ばして前傾になると3度前に傾く+ギシギシ鳴る というのを繰り返します。

めちゃくちゃ気になります。というか、角度を調整できる機能があるのにロックしても動くとは・・・

③めっちゃ暑い

PUレザーのせいかめっちゃ暑いです。e-win CW-BK1の特徴というか、ゲーミングチェアのほとんどはこうでしょう。合皮でできているから汗も熱も吸わず、体と接地面のところにこもってしまいます。

今までメッシュチェアを使っていたので、ここまで違いがあるとはおもっていませんでした。
e-win CW-BK1であれば、PUレザーではあるものの、ピンホールという極小の穴が生地に無数に空いているので通気性は高いと謳っていますが、そんなことありません。合皮は合皮です。夏に使うととてもこのままでは使ってられません。

ということで私は、お尻にバスタオルを敷いて更に、座面横の隙間にこういう薄型のUSBファンを使って風を当てて熱を逃しています。

じゃないとお尻と背中に熱がたまりすぎていくら室温を下げても耐えられません。
e-winにはPUレザーではなく、ファブリック生地のゲーミングチェアが売っているのでそちらのほうが私は合っていたかもしれません。車の座席みたいな生地のイメージですね。まぁそっちは汚れや匂いが染み込みやすいというデメリットもありますが・・・

そもそも私のような汗っかき体質の人は、メッシュチェア以外は選ばない方がいいのかもしれません。今回で学びましたが、私は今後の人生でメッシュチェア以外を買うことはないでしょう・・・

④ジャマなドリンクホルダが勝手に付けられている

私は楽天で購入したのですが、その時の特典だったと思います。「ドリンクホルダープレゼント!」と書かれていました。

いらないけど、簡単に取り外しできるやつだろう

と思っていました。

組み立ててみるとこんな感じで、右の肘置きの下にドリンクホルダーがつきます。

自宅で使うので飲み物はテーブルに置きます。邪魔だから外してみると・・・

???取れてない・・・?

邪魔!!!

ぶっとい六角のようなネジ2本でバチバチに固定されていました。外そうにも硬すぎるし、ネジが下側から取り付ける形だからイスをひっくり返さないといけないしで、結局外せませんでした。

こんなもんつけんなよ・・・つけるなら簡単に取れるようにしろよ・・・出っ張ってて服が引っかかったし、邪魔なんだよ・・・

まとめ

総評:50点
座り心地はいいし、小柄でも快適なサイズ感。
うるさい、暑いのがマイナス

うるさくても気にならない人とか、座り直しをしないから全然音は鳴らないと思うって人、暑がりじゃないしゲーミングチェア好きだから大丈夫だよって人はオススメできる商品です。

私は汗っかきだからそもそもPUレザーのゲーミングチェアは合っていなかったことが大きなマイナスなので、e-win CW-BK1のデメリットというよりかは自分のせいですねすいません。

PUレザーは合皮なので耐久性も今後気になるところです。合皮なんてせいぜいもって3年だと思います。そこを考えてもひとまずはこのe-win CW-BK1を使い続けますが、1,2年経ったら私は買い替えているかもしれません(メッシュチェアに)。

↓ぽちっとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

通販グッズカテゴリの最新記事