犬もこたつで丸くなる。犬の寒さ対策を紹介します。

犬もこたつで丸くなる。犬の寒さ対策を紹介します。

今回はウチのししまるの不思議な習性を紹介するとともに、少しだけ犬の寒さ対策のお話をします。

犬もこたつで丸くなる

最近は暖かくなってきましたが、ししまるは寒いのが苦手なようでこたつの中にすぐもぐってきます。
でも誰かが近くにいないと潜らないでソファに座ってるので、安心した状況だと温まりに潜るのかと思ってます。

柴犬はダブルコートといって、毛が2重構造になっているから寒いのには比較的適していると思ってたんですが、寒がりな子なんでしょうね。

ししまるは、おもちゃの中でもサメがお気に入りのようで、こたつに入るときもよく連れていきます。サメはこれですね。


サイズがちょうどいいのか、このおもちゃで一番遊んでいます。
有名な柴犬がフランスパンのおもちゃを咥えていたりもするので、やっぱりこれくらいのサイズが柴犬にはちょうどいいのでしょうね。
個人的には鮭とか咥えて欲しいです。

一緒に温まっている写真がこちら。仲間だと思ってる?

そんなどこにでも一緒にいく相棒に対して、よくこんな扱いをしている場面も・・・

おもちゃでストレス発散してくれているならいいことですが、こんな感じでブン回してふっ飛ばしたサメがこちらでに飛んで来るなんてこともあります。

これからどんどん暖かくなっていくので、こたつの仕舞い時が難しいですが、ししまるが寒くならないように何かしら工夫をしていこうと思います。

ペット用の小さいこたつとかも売ってるみたいですが、ししまるは多分おもちゃだと思って壊しそうな気がするので多分買いません。笑
ホットカーペットとかの方がいいかと思ってます。

犬の寒さ対策は必要?どんな物がいい?

ほとんどの犬種で必要です。特に室内犬のような小型犬は寒さに弱いので必須です。
シベリアンハスキーなどの寒い国が原産の大型の犬種であれば、不要ですが日本国内でよく飼われている犬種には寒さにはさほど強くはありません。
犬種により毛皮の種類によって程度の差はあります。比較的寒さに強いと言われているダブルコートのウチの柴犬ですらこたつで丸くなるくらいなので用意してあげましょう。

室温が20度程度が適温と言われています。
体を震わせていたり、丸くなり非活動的になっていたり、人間とくっつきたがり暖を取ろうとする仕草があれば寒がっているので対策をとってあげましょう。

具体的な対策グッズは

・ホットカーペット
・こたつ
・湯たんぽ
・あたたかい服を着せる
基本的に人間と同じ対策ですが、注意してほしいのはストープは火気を扱い危険なので注意しましょう。ストーブの火にあたらなくともストーブの目の前で寝てしまい低温やけどを起こす可能性もあります。
また、服を着せるのも一日中着せたまま過ごさせるのは犬にとってストレスとなることも多いので、飼い犬の性格や様子を見てから判断するようにしたほうがいいでしょう。

今後は寒さ対策よりも、夏の暑さ対策の方が今後は大変になってくると思うので、今後も良さそうなグッズや対策方法を紹介していこうと思います。

↓よかったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ペットとの生活の知恵カテゴリの最新記事